ホイール重量とリム重量(50mmハイト編)

インプレッション

そこで最もオールラウンドに使える50mm(前後の)ハイトのディスクブレーキ用ホイールについて値段と質量の観点で以前こちらでまとめました

 

今回はホイール重量だけでなく、リム重量についても、まとめてみたいと思います。 カタログ値には総重量しか記載されていないことがほとんどですが、ホイールという回転体の外周部分(リム)と中心部分(ハブ)の重量配分により特性が異なります。

リムが軽い方が加減速がしやすく、重い方が巡航しやすくなります。 またペダリング時のフィーリングにも影響しますが、個人の好みや使う場面での違いもありますので絶対的にこれが良いというものはありません。 ホイール選びの一つの材料として”リム重量”もみてみると良いのではないでしょうか。

photo: NGKサイエンスサイト

 

 

ホイールのリム重量と総重量の比較まとめ

 今回比較したのは以下4製品です

・roval CLX50

・Bontrager Aeolus RSL51

・DT SWISS ARC1100 dicut

・ONEAER DX5

roval CLX50Bontrager Aeolus RSL 51DT SWISS ARC1100 dicutONEAER DX5
リム重量[g]442430459399
総重量[g]1415141014721370
備考実測中央値公称値公称値カタログ値

コメント

タイトルとURLをコピーしました